美容界のニューフェイス!銀座みゆき通り美容外科で悩みをなくそう

美白ができる施術

フェイス

レーザー以外の方法

美容皮膚科などの病院でしみ治療を受ける場合は、しみのタイプによって治療法が異なります。基本的にレーザー治療になりますが、しみの種類によってはレーザー治療を受けたくてもできない場合もあります。レーザー以外の治療法には、フォトフェイシャル、オーロラ、ケミカルピーリング、ハイドロキノン、トレチノイン、トラネキサム酸、美白点滴、ビタミンCイオン導入などがあります。どれかひとつだけをするよりも、複数を組み合わせて治療を受けたほうがしみが治る期待が高まります。たとえばケミカルピーリングとビタミンCイオン導入、フォトフェイシャルとトラネキサム酸、ハイドロキノンとトレチノインなどの組み合わせがしみ治療に有効です。

手軽に治せる

紫外線、乾燥、摩擦、細胞の老化などが原因でメラニンが生成されてしみができます。しみができる前なら日焼け止めを塗って美白化粧水などでケアをすれば防げますが、一度できてしまうと自分で治すのは至難の業です。しかし、病院にいけばしみを簡単に消せます。よくある「老人性色素斑」というタイプのしみは、直径3mm以内ならレーザー一回5,000円くらいで消すことができます。また、従来なら治療が難しかった「肝斑」も、最近では医療技術の進歩によって治療可能になっています。基本的に美容皮膚科は自由診療ですが、けが、きず、やけど、外傷によってできた「青たん」や色素沈着跡などは一般皮膚科で保険適用で治せる場合もあります。